プロフィール

4sea

Author:4sea
元気があれば、何でもできる!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマホから電気を貰えるSOEKS(ガイガーカウンター) これは災害に強いかもしれない
私のガイガーカウンターはSOEKS。



GM管か大きいため感度が良く、それでいて安め。

ただ、電池の持ちが悪いと言われています。

とはいえ、エネループのお手軽クラスでも8時間くらいは持ちます。


最近ではエネループのハイグレードを超えているのに、妙に安い電池も出回ってたりします(大阪発送)。


要は、電池が切れたら途中で1回だけ替えれば1日持つということです。

しかも、SOEKSは本体に充電機能が備わってます。(電池には優しくないかもしれませんが)

これがなかなか便利でして、USBコード(ミニタイプB)で充電できるものですから、


こんな風にUSB出力のついた電池式充電器から給電してやることもできます。



さらに、マイクロUSBから普通のUSBへの変換プラグを使えば


こんな風にアンドロイド機から給電してやることもできます。


国内最安SIMフリーLTEスマホで可能ですから、たいていのアンドロイド機でできると思います。




PCから給電できるのはもちろんのこと、シガーソケットからUSBに変換するチャージャーを使えば、車内での利用も可能です。


で、あれこれ触っていて気付いたのですが、USB給電中はSOEKSに電池が入っていなくても測定できる
スマホから給電する場合は電池を抜いといた方が電気を食われなくて良いかもしれない。

SOEKS、電池の持ちは悪い方かもしれないけど、受電ソースが多いということは「もしもの時」に頼もしい機種と言えるかもしれません。

例えば、手回し充電器でスマホを充電→SOEKSに給電 とかね。









スポンサーサイト
指より操作性が良いスタイラスペンに出会うの巻
なんだか最近、スマホやタブレットの画面を直接指で触ることに不安を覚えている。



てことで、短めの先がゴムで黒いスタイラスペンを使っていたんだけど、見事に落として無くしてしまった。

そこでカラフルで普通の長さのものを物色。

さらに、先がゴムだと滑りが良くなかったので、もう少し滑りがよさげだと尚良し。

そんな中、見つけたのがこれだ。

The Friendly Swede マイクロニットスタイラスペン。



本当にスウェーデン製なのかどうかは興味が無いところだが、なんだかオシャレだ。



そして6本入りでこの価格は破格だ! 5回落としても大丈夫!



そして、指より操作性が良い!(マジで)

先がゴムじゃないってのがいいんだろうね。

ストラップが長いのも個人的には○。
前のは短かったので、使用時はイヤホン穴から抜かないといけなくて、これが落とした原因でもあったんだ。



ちなみに使用環境は以下の通り。

日本最安LTE SIMフリースマホ freetel XM


に、ブルーライトカットフィルムを貼った状態。


あと、iPad 3、フィルム無し。


これからの季節、手袋を外さずに操作できるのは大変ありがたい。

ご参考まで
スマホ、タブレット用のタッチペンを購入。
最近、スマホを触っていると違和感を感じるようになりました。

タッチパネルの作用原理を見ると、指に電流が流れるということで、さもありなんという感じ。


てことで、せめて直接自分の指で触らなくても良いように
      &寒くなってきたし、手袋しながらでも操作できるように、
タッチペンを買いました。




イヤホンジャックに挿すタイプのストラップが付いてるんで便利です。
もうちょっと紐が長いと、抜き差しせずにそのまま使えるような気がしますが。

iPhone4Sでは、不自由なく操作できています。

スタイラスペン付きのギャラクシーノートに買い替えようかと思いましたが、
これで大丈夫そうです。

次のスマホは激安スマホにします。
結局ipad 3を購入し、なんだかんだゴテゴテしちゃって ノートPCぽくなってきた の巻
PDFファイル上でもポップアップ英和辞書がさくっと出てくるiOS。

英語(インターネット英会話・レアジョブ)勉強用にipad miniを買うと言ってましたが、




調査の結果、ipad miniよりipad第三世代の方が安いことが判明。



画面も大きくてRetinaディスプレイなのにね・

ほんの数ヶ月ipad miniより古いってだけで、こんな評価だとは、嬉しい誤算。

しかも、ipad3はRetinaディスプレイにしてUSBケーブルが旧来モデルなんですよ。



自分、携帯はiphone 4Sだし、


昔ながらのipodもまだ使ってるから、30ピンの方が都合が良い。


そして名作、ロジクールのキーボードカバーもゲット。


ブルートゥース・マウスも買って、ノートPCっぽ感じに仕上がってきました。



※注)ipadがマウスを認識しなかった!
    アップルの方針らしい・・・(14.09.14追記)


しかし、こうなると、先走って買ってしまった
ipad mini用のキーボードがお役ごめんとなってしまった。



もう箱も捨ててしまったし、どうしようか・・・
ラジコンヘリコプター AR Drone
こちらのまとめで紹介しているピザ配達に使うことができるというDrone、



アマゾンで購入できるみたいで、
しかも値段が思ってたより安い。



品切れの際は↓


AR.Drone2.0はスマートフォンやタブレットが送信機になる(※Kindle Fireもサポートされています)Wi-Fiコントロールの4ローターヘリコプター。3軸加速度計、3軸ジャイロスコープ、気圧計、水平方向の速度測定用垂直QVGAカメラ(60fps)、3軸の磁気センサー、対地面の高度測定用超音波センサーを搭載。超安定性とスマートフォンを前後・左右に傾けるだけの操縦を実現。離陸は画面のボタンにタッチすれば地上約80cmで自動ホバリング。着陸も画面のボタンにタッチするだけ。AR.Drone2.0は「直感的フライトモード」を搭載。パイロットとの位置関係を計算して、機首の向きに関係なく手元のスマートフォンを傾けた方向にフライトすることが可能になった。高解像度の動画をスマートフォンやタブレットにライブストリーミング。動画はワンタッチで録画が可能。AR.Drone2.0からフロントカメラはHDカメラ(1,280×720、30fps)となった。映像の記録はUSBメモリーにも録画が可能。もちろんフォトキャプチャー(JPEG)もOK。ブレの少ない美しい映像を提供。ビデオや写真を記録して、YoutubeやPicasaで映像や写真をアップロード。AR.Droneアカデミーで世界中のAR.Droneパイロットと映像をシェアしよう。AR.Drone2.0は飛行中にフリップできる驚きの機能を搭載。アクロバット飛行に挑戦しよう。4つのブラシレスモーター搭載。バッテリーは3セル1,000ミリアンペア。受電時間:約90分。飛行時間:約12分。飛行速度:約18km/h。操縦可能距離:50m。修理可能:修理用パーツも販売。操縦アプリ:AR.FreeFlight2.0をApp StoreやGoogle Playで無料ダウンロード。

<セット内容>本体/プロペラガードの屋内用ハル/流線型の屋外用ハル/11.1V-1,000mAhリチウムポリマー・バッテリー/リチウムポリマー・バッテリー専用チャージャー/日本語取扱説明書/※本製品にコントローラー(スマートフォンやタブレット)は付属しておりません。別途お買い求めください。

(Amazon.co.jpより)

手のひらサイズのオモチャもあるみたい↓



いろいろ驚きました。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。