プロフィール

4sea

Author:4sea
元気があれば、何でもできる!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

九州は独立国として機能していた時期がある(征西府)
フェリーを下船した後、高速をひた走り、向かった先は熊本県菊池市。

目的は、菊池城跡。
南北朝時代、菊池武光の勢威を背景に、南朝方の征西府が置かれていた場所です。

ここも千早城と同じく、明治時代に南朝正統説が盛り上がり、
菊池武時・武重・武光、南朝に貢献した菊池一族を祀る菊池神社が出来たとのこと。

菊池武時公


ふむふむ、一般常識ね。


おや??

「・・・・・え?ダメ?」

「あ、うちら野良だから、”つれて入られた”わけじゃないんだった。へっへーん!」




征西府は九州を完全制圧しながら、なぜか大命題であるはずの上洛を行う気配が全く無く、
まるで、もう一つの日本が九州に出来上がってしまったような状態が、数年間続いたらしい。



現に、征西将軍宮・懐良親王は、日本王として中国(明)と交易を行っていたそうです。
足利幕府に先んじて。

日明貿易を開いたことで有名な足利義満ですが、
明が日本王は懐良親王と断じていたため、
実は懐良親王の名義で貿易をしていたそうです。


なぜ征西府に興味を持ったかというと、楠木正成の時と同じく、北方謙三の影響です。
北方謙三は懐良親王と菊池武光を主人公とした、武王の門、という小説を書いてまして、
これがまた熱くて生々しくて面白い。








菊池家紋 並び鷹の羽

読んで絶対後悔しないので、是非お勧めします。

このハートはなんでしょう?


ちなみに、北方謙三の影響で行っちゃった場所は、
千早城
北畠神社
に次いで、三ヶ所目となりました。
(^^;


さて、この菊池城ですが、これで石垣があれば
安土桃山時代以降の城かと間違ってしまうくらいの城構えだと言われてます。

結構高いところにあるし。


菊池城跡より菊池市街を望む


そして、凄いのがこの外城の存在。

鉄壁の構えですね。
こんなのは、戦国時代にもそうそう無いのでは??


さて、神社の案内地図によれば、憧れの菊池武光の騎馬武者像が麓にあるらしい。
しかも日本一の騎馬武者像と書かれてます。
何が日本一なのかな??

その前に、かなり適当な地図だけど、見つかるのだろうか・・・・っつーか、アレか?!
イキナリ見つけてしまった。

んーーーー??
運転に疲れたのか、遠近感覚が麻痺しているようだ。
どうも異様に大きく見える・・・・。


・・・・いや、ホントにデカいな、これ。

右側でスポーツしてる人達がゴマ粒に見える。。。。

何が日本一か書いていない理由と、地図が適当な理由がよく分かりました。
これだけデカいと、そんなことを正確に書く必要が全く無い。


稀代の名将菊池武光公、今ここにその勇姿を再現して立つ! 

熱い市長だな・・・・・・ いや、市長、これは少しやり過ぎでは??
(^^;

今ここに、その勇姿を再現して立つ!


大きさ関係なく、躍動感溢れる凄い像です。


シルエットだけでも素敵だ。


武王の門で最も好きな場面は、
武光がまだ庶子だった頃のエピソード。

総領の菊池武士(弟だが嫡流)の居城が敵に占領された。
怒り狂った武光が、自分の僅かな手勢だけで敵に猛攻を加え、居城を奪還したという場面。

これを機に、総領の座が武光へと移ります。


これまでの菊池一門の戦は(ていうか、どこもそうだと思いますが)、
各支族の長が、その手勢を従えて参戦するというものでした。
なので、長が討ち取られると、その隊は散り散りです。

そこで、武光は軍勢の大改革を行います。
まず、支族に関係なく、機能毎に隊を分けます。
騎馬隊、弓隊、槍隊って感じに。
そして、その隊長が倒れても、副長がすぐに隊長になり、副長が倒れたら3番頭、4番頭・・・
というような編成にしました。
こうすれば、隊が散り散りになることはありません。

同時に、この編成は今の軍隊のように兵士をサラリーマン化しちゃったようです。
報酬は領土ではなく、各地の水軍を通して、明や朝鮮との交易で得た銭。

これにより、菊池軍=征西府軍は、
領土に固執しない身動きの早い精鋭揃いとなり、
効率的に九州を制圧していきます。

特に峻烈な働きをしたのが、騎馬槍隊。
槍隊を騎馬隊化したわけです。
これはかなり強力だったようです。

本陣に騎馬槍隊が突入すると、一気に敵の本陣が二つに割れます。
これだけで、もうほとんど決着が着く。

まさに武光は稀代の名将だったわけです。
戦国時代に生まれていても、十分渡り合っていけたでしょう。

そんな菊池武光公を偲んでか、
菊池市街には「武光公」という和菓子があったり、
菊池家紋の並び鷹の羽が公衆電話ボックスに貼られていたりします。


わいふの湯

ワイフ(妻)の湯ではありません。
隈府の湯です。
菊池本城の別名を隈府城と言ったそうです。


九州に独立国を作ったかのような挙動を見せた征西府。
その原動力は菊池家の躍進にありました。
この武光公があと10年くらい長生きしてたら、
日本の歴史は大きく変わっていたのかもしれません。
もしかすると、日本(大和)の西端は下関になっていたかもしれません。


九州一人旅 南北朝編はこれで終わりです。
次からは、一気に時代を遡って、古代編へ。

乞うご期待??

*********
この記事は2010年1月6日の記行です。
原発事故の影響による日本分割の機運の高まりを予測し、
その芽を摘もうとする勢力がいるように感じています。

参考

かつて九州が独立国として機能していた歴史があることを思い出し、再投稿しました。
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

<小林よしのり・反TPP論>マスコミは1%の富裕層のためにウソをたれ流すデマ拡声器


TPP賛成派は輸出企業が儲かれば国内に雇用が産まれ、労働者の賃金が上がる(トリクルダウン)と思い込んでいる。

10年も前にノーベル経済学賞を取ったスティグリッツが、トリクルダウン理論が破綻している事を指摘している。

グローバル化した現在ではアジアに安い賃金で働く労働者がいくらでもいるのがその理由。
日本の中の1%程度の企業家と株主だけが豊かになる。
GDPは上がるかもしれないが、
残り99%は貧困層に落ちていく。

GDP神話を信じるな!
経済成長が国民を豊かにする時代は終わった。
マスコミは1%の富裕層のためにウソをたれ流すデマ拡声器に過ぎない。


テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

めんつゆレシピ 昆布、鰹、椎茸不使用
僕はそうめんが好きだ。

特に、鰹、昆布、椎茸の合わせ出汁が入った市販のめんつゆで食べるのが好きだった。

肝心要の出汁の素が、いまや三重苦。

実際、大阪市流通の昆布つゆからセシウムが検出されたりしている。
2013.08.02厚労省発表

しょうがないので、2012年から

水:4
しょうゆ:1
みりん;1

の割合で混ぜて軽く煮立てたものをベースに使っている。

醤油とみりんが良ければこのままでもOK。
きざんだ梅肉とごま油を入れるとなおよし。
うまい。



この醤油はダシ要らず。味が凄く良い。


兵庫県姫路市で製造。材料もOKぽい。



昆布を使わない理由


カツオを使わない理由


椎茸を使わない理由

<味付>昆布、鰹節、椎茸などのダシを使わない方法 - NAVERまとめ


↓↓昆布つゆから21ベクレル検出の件について↓↓













ヤマサの「昆布つゆ」のセシウム。2012-05-02 チダイズム ~毎日セシウムを検査するブログ~


2012年5月は1ベクレルだったのに・・・
「まだ放射能気にしてるの?」は間違い。
どんどん汚染が進んで・・・

しかし、まだ検証の余地は残っているらしい
再測定結果を早く見たいです。(2013.08.07)

ちなみに、2013.07.15に「ひかり測定室」が測った時は不検出。

テーマ:作ってみた - ジャンル:グルメ

LED化で節電してやる。しかしシャープ製で798円で送料無料て激安やな。



我家は1ヶ月に数回しか点灯しない玄関と物置は未だに白熱灯だが、
それ以外は電球型蛍光灯にしている。

もちろん、原発再稼動の口実を与えないための節電でもある。
イニシャルコストは無視。

本日、そのうちの一つが玉切れ。
引越し前から付いてたヤツだから、どれくらいもったかは不明。

で、替えを探したら凄いのがあった。



LEDで送料無料でこの値段。
しかも原発に関係の薄いシャープ製。

これまではなかなか手が出なかったLEDだけど、
これなら電球型蛍光灯より安い。

早速買おう!!

テーマ:生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル:ライフ

キヌア醤油 大豆も米も麦も使わないアレルギー対応醤油


キヌア・・・これは驚きの食物。
アンデスの山地に生えてる奇跡の穀物らしい。

アメリカ・ヨーロッパでは完全食品とされているそうです。

詳細

そのキヌアを使ったアレルギー対応醤油、美味しいのかな?
ちょっと試してみようと思います。

テーマ:からだにいいもの - ジャンル:ヘルス・ダイエット

著者サイン入りをゲット 「フクシマの真実と内部被曝」




これから読みます。

日々勉強あるのみ。

生きのびることに価値を感じるのが人類の共通感覚。

それから外れた行為は、
この能動的な情報ネットワーク社会においては
許容されない時代になりつつある。

その流れはもはや止まることは無い。

それを理解できない為政者共は必ず失墜することを覚悟されたし。

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

禁断の<八切史観・八切語録>を始めます
3・11の後、庶民の生きる権利が蔑ろにされてきた。しかもそれを隠そうともしない。それはなぜなのか、皆さんは見等が付いておられるだろうか?

そんな中、この時代の流れに何か関連があるのではないか?との理由で
ある一冊の本が話題になった。

『 日本奴隷史事典 』



著者は『阿部弘蔵』。
幕府 崩壊時の野戦争で寛永寺を守った彰義隊の生き残りであり、「彰義隊」の名の命名者。

阿部が日本の奴隷の歴史に強く関心を持ったのは 明治19年、英国船ノルマントン号遭難事件があったからだそうです。
日本人乗客を見殺しにしておきながら、英国人船員は救命ボートで助かるという、
甚だ腹立たしいあの事件である。

阿部は日本の奴隷を研究していたが、この事件を知っていっそうその研究に打ち込み、明治23年に『日本奴隷史』を完成させた。

私はこの日本奴隷史辞典をまだ読んでいないが、おおよそぞの内容の方向性については想像がつく。
なぜなら、八切止夫(故人)が復刻したからである・・・。

八切止夫が復刻させ、「日本奴隷史辞典」という、まさしくなタイトルの本が、
この3・11後の今の日本で話題になった・・・
とても感慨深かいものがある。
禁断の八切史観が広まることで、世の中の流れが変わるかもしれない。。。。

私は数年前から古代史に興味を持っている。
よって、自然な流れで「天の日本古代史研究」という八切止夫の著書に辿り付いた。


普通のタイトルの歴史本である。よってブックカバーもせずに電車の中で読み始めていたのだが・・・

ほどなく、私は血相を変えて、この普通のタイトルの歴史本を鞄の中に仕舞い込むことになる。
そして、周囲を見渡し、誰もこちらを見ていないことに安堵した。

何故か???

とんでもなく内容がヤバかったのである。
おおよそ知ってはいけないであろうことばかりが記述されているのである。

それ以降、私は八切止夫の著書を複数読むことになるが、
職場や電車の中でそれをすることは無かった。
人格を疑われそうだったからである。

しかし、それは平時のこと。

今のように、あからさまに棄民政策を取られてる今となっては、
むしろ、八切史観は広く知られるべきかと思う。

今、この時代に、我々庶民が、なぜこのような仕打ちを受けているのか?
その理由が八切史観にあるからである。

3・11の原発事故が無ければ、私がこのようなオープンな場所で
八切止夫の著書を読んでいることなど明かすこともなかったし、
八切史観について語ることも無かったであろう。

皮肉なものである。悲しい時代である。


というわけで、
<八切語録・八切史観>今、生きる権利を蔑ろにされてる理由がここにある
と第して、八切語録集をまとめていくので
興味のある方はリンク先をウォッチ頂きたい。
(注)八切止夫は「後世の研究のために」と著作権を放棄されている。

語録を追加する度に内容をツイートするので、
ツイッターやってる人はフォロー頂けると幸いである。
ツイッターアカウント

まずは「日本原住民史」を中心に始めていく。

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR