プロフィール

4sea

Author:4sea
元気があれば、何でもできる!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

月別アーカイブ

フリーエリア

山田まりや第一子「崇徳」君・・・着実に大阪汚染の会への祟りが進行
山田まりや 息子の名前は「崇徳」と公表

心底仰天しました。
なんと崇徳という名の人物が、この現在に誕生してしまったのです。
このとんでもない時期に・・・・。

いったいどうなってしまうのだろう・・・。

着実に例の大阪汚染の会への祟りが進行しているのかもしれない。

あれから1年余り、結果として汚染は免れなかったわけだが、
1年近くも引き伸ばされたのは、やはりご利益があったのだろうか。

これはまた、近々お礼参りと新たなるお願いをしに行かねば。
ちゃんとしとかないと、我が身も危うい。(^_^;)





再掲↓↓

タイトル;知らないよ、どんな祟りがあろうとも
日時:2011年12月4日


金比羅さんはこんな山の上にありながら海の神様だったみたいで


河野水軍の崇敬も篤かったという。


自分は特に神道に傾斜しているわけでも無いので(近所の神社はともかくとして)


神社に来たら「いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。」だけ。


しかし、今回は心底「お願い」をしてきた。


「”○阪汚染の会”とかいう勢力が跋扈しており、この瀬戸内海が数万年もの間、毒性を保ち続ける物質で汚染されようとしております。」


「どうかこの海をお守り下さい。」


そうお願いしてきた。


なんでも、フェニックスというゴミで海を埋立てる計画に便乗するらしい。


フェニックスといえば不死鳥のことらしいが、不死なのは毒の方だったというのでは笑えないし、
取り返しがつかない。



おまけに普通のゴミ焼却炉で燃やして、汚染地域を拡大するという企てを、真剣に遂行しようとしている。


美しい国、日本。それは滅びの美学ということか??こっちはそんな美学は持ち合わせていない。



さて、本殿の脇から奥社への道を見つけてしまい


「まだ奥があるのか・・・。」と思いつつも、ここまで来たら意地です。登ってやります。


途中、朱塗りのキレイな神社があったので、再び↑と同じ願い事をしたんです。


願い事をした後に↓の立看板を見て仰天!!


なんとご祭神は崇徳天皇・・・


明治天皇や昭和天皇てさえ、畏れておられたほどのお方。


武士の世を招いてしまったのも、このお方の祟りらしい。

とんでもないお方にお願いをしてしまったんだなぁ。
いきすぎたご利益が心配・・・・。天狗歩きで苦行と共にお参りしただけに、余計・・・。
知らないよ、海を放射性物質で汚して、どんな祟りがあろうとも。
僕も願いが叶ったら必ずお礼参りに行かないと、大変なことになりそうだ。

崇徳天皇の不幸な境遇については、ちょうど今やってる大河ドラマ・平清盛で
詳しく取り上げられるんじゃないかな。
もう既に、かなりドロドロしてます。


1368段を登りきり、奥社に到着です。


しかし苦行はこれからが本番


天狗歩きは登るより降りる方が大変だった・・・・。


それでも、なんとか足を踏み外すことなく1368段を降りることができた。


登る前に目星を付けてた、こんぴらうどん。
しょうゆが讃岐うどんとは違うんですね。普通のしょうゆに近いかな?これはこれで美味しかったです。

微妙にピントがズレてるのは、きっと疲労のせいだろう。(^_^;)

金比羅さん、またお礼参りに来れますように。

スポンサーサイト

テーマ:芸能界のニュース - ジャンル:アイドル・芸能


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR