プロフィール

4sea

Author:4sea
元気があれば、何でもできる!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀谷の雛祭り 生野銀山城下の古民家街にて
まずは薪ストーブが置いてある地産地消カフェで腹ごしらえ





美味かったです。

左の山本太郎の写真は、店に置いてあったLJというフリーペーパーの特別号で、
NO NUKES OUR FUTURE VER.2と書いてあり、中身は山本太郎インタビューです。

山本太郎氏、すっかり”子供を放射能被曝から救いたい”ってイメージが定着しましたね。
話が分かり易く、説得力もあります。




で、銀谷(かなや)に到着です。


ここは生野銀山の城下町。


今なお残る古い街並・古民家に


雛人形を飾りイベント化されています。


お邪魔します。






名物?気になりますね。


ゴージャス


かわええ


いろいろあるんですね。


すました顔して


散策も楽しめます。




今風


堪能しました。

またこういうイベントがあったら行きたいな。






スポンサーサイト
天理の春 「桜」
奈良に行く用事があったのですが、
ちょっと時間が余ったので、
天理教の本部にでも行ってみようと思い立ちました。

鳥居? かなりデカくて立派ですね。


これが本部の建物。デカイ。


これが本殿? お祈りの歌みたいなのが聞こえてきます。


やはりですね、この天理教の紋は気になりますよ。


天満宮と同じ(少し違うか?)梅鉢だし。

(写真は学文路天満宮にて撮影したもの。
コチラの速報が正しければ、
僕が行くことはもう無いかもしれない。
受験生本人が行く事もお勧めしない。
bura bura syndromeになったら受かるもんも受からない。)




天理教の教祖・中山みきの家紋とのことだけど、
天神さんとの関連性が気になっています。




ちなみに、独特の史観で知られる八切止夫氏の語録をまとめて公開しているのですが、
彼がその著書の一つ、サンカ生活体験記で、
梅鉢は契丹の国章を簡素化したものだと言っています。
(この本がまた、かなりユニークで面白い)


なので菅原公も契丹からの渡来人だろうと。
この辺り、湯島天神に行った時のブログにて詳しく書いていますので
興味のある方はご参照下さい。

天理教本部には、以前、山辺の道ハイキングの帰りに寄ったことがあるのですが、
その時はヘロヘロだったのか、気付きませんでした・・・広場の奥の方に、
何やら美しげなエリアがあることに。


もう桜が咲いているじゃないですか。


そして、なんと立派な枝垂れ桜でしょうか。


しかも、全部で3本もあるのです。うち2本は隣り合わせ。


それにしても、何故ワタクシは一眼レフを鞄に忍ばせて無かったのでしょうか・・・・


いや、道具の問題だけじゃないだろうけれども、
ピーカンの屋外で液晶ディスプレイのみってのは、やはり厳しいです。


しかも、写メだし・・・・。




またいつか、この時期に近くを通りがかることがあれば、
今度は一眼レフ・・・いや、せめてコンデジを鞄に入れて行きたいと思います。








読了 邪馬台―蓮丈那智フィールドファイルIV
読了しました。



かなり緻密な構成で、且つ面白い。
クセになりますね。

廃村のDNA、滅びのプログラム、製鉄民族の運命、といった
興味を引くキーワードがミステリー小説(?)として
邪馬台国とうまく関連付けられていました。

同シリーズを読み勧めようかなぁ。


自分が行った事のある場所がいくつか出てきて、懐かしかったです。


吉備津神社

出雲大社


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。