プロフィール

4sea

Author:4sea
元気があれば、何でもできる!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

フリーエリア

「病む」ということはそういうこと。被曝するとはそういうこと。死ななきゃいいってもんじゃない。
もう何年か前になるが、とある病気で手術&入院した。

命に別状があるような病気ではないけど、一歩間違えると障害者手帳(?)を頂戴することになる。

おかげさまで寛解(というか術時現状維持)。

しかし、この年齢でこの状況。

果たして定年まで、いや、無年金期間終了まで健常者として生きていけるのだろうか?

家族ができたら養っていけるのだろうか?

そもそも結婚に不利だろう。
 実際、当時つき合ってた彼女から「遺伝が心配」とピシャリ。
  先天性異常じゃない(らしい)し、看護師さんからのアプローチも複数頂戴したので
  その辺の心配はしていないのだが・・・

手術自体はうまくいったけど、炎症が引かなくて入院が長引いて
上司に電話を入れたり、止まってる仕事の状況を聞いて焦ったり・・・

何より、手術がね、4時間くらい掛かってね、それも局部麻酔でね、
運悪く麻酔が効き難い体質だったみたいで、地獄の苦しみを味わったんです。

汗ぐっしょりで、手術台の形が変形してるんじゃないかと思うくらいタフな経験をしてしまった。

あんな思いはもう二度としたくない。

そんなことを退院日の帰りの電車の中で思い起こしながら家に着き
久々に自分のベッドに横たわった時・・・・

とめどなく涙が溢れてきた。

「何故、自分がこんな想いをしないといけないのか?」
「何か悪いことをしたか?」

また、親切にしてくれた人達への感謝の念も混ざって、
いつまでも涙が溢れ続けた。

病むということはそういうこと。

将来に大きな不安を抱かせ、本来であれば感じる必要のない負の感情に覆われる。

死ななきゃいいってもんじゃない。

未来ある子供にそんな想いをさせたいか?

自分はもう嫌です。


そして今、放射能の危険が増している。

身体の弱いところからやられると言う。

ならば自分が採るべき行動は一つしかない。

放射能徹底忌避。

誰に何を言われようとも、無年金期間が終わるまで生き延びるために。
先は長いんだ。先は長い。
細々とでも食っていかねばならない。

子供なら尚更、先は長い。とんでもなく長い。

ある長崎での原爆による被爆者の方は、
孫がスポーツ選手として活躍するようになって
ようやく肩の荷が”少しだけ”降りた気がしたという。

被曝するということはそういうこと。

親なら真剣に対応するべきだ。











スポンサーサイト
キレた意見とキレてる回答 とくしま目安箱が話題に
徳島県の目安箱より 
※2013.11.06現在、削除されているようです。

■ご意見
登録・更新日:2012-03-13
60歳 男性

「タイトル:放射線が怖い? いいえ本当に怖いのは無知から来る恐怖

 東北がんばれ!!それってただ言葉だけだったのか?東北の瓦礫は今だ5%しか処理されていない。東京、山形県を除く日本全国の道府県そして市民が瓦礫搬入を拒んで
いるからだ。ただ放射能が怖いと言う無知から来る身勝手な言い分で、マスコミの垂れ流した風評を真に受けて、自分から勉強もせず大きな声で醜い感情を露わにして反対している人々よ、恥を知れ!!
 徳島県の市民は、自分だけ良ければいいって言う人間ばっかりなのか。声を大にして正義を叫ぶ人間はいないのか? 情け無い君たち東京を見習え。」


■回答
 【環境整備課からの回答】
 「貴重なご意見ありがとうございます。せっかくの機会でございますので、徳島県としての見解を述べさせていただきます。
 
 このたびの東日本大震災では,想定をはるかに超える大津波により膨大な量の災害廃棄物が発生しており,被災自治体だけでは処理しきれない量と考えられます。

 こうしたことから,徳島県や県内のいくつかの市町村は,協力できる部分は協力したいという思いで,国に対し協力する姿勢を表明しておりました。

 しかしながら,現行の法体制で想定していなかった放射能を帯びた震災がれきも発生していることから,その処理について,国においては1kgあたり8000ベクレルまでは全国において埋立処分できるといたしました。
(なお,徳島県においては,放射能を帯びた震災がれきは,国の責任で,国において処理すべきであると政策提言しております。)

 放射性物質については、封じ込め、拡散させないことが原則であり、その観点から、東日本大震災前は、IAEAの国際的な基準に基づき、放射性セシウム濃度が1kgあたり100ベクレルを超える場合は、特別な管理下に置かれ、低レベル放射性廃棄物処分場に封じ込めてきました。(クリアランス制度)

 ところが、国においては、東日本大震災後、当初、福島県内限定の基準として出された8,000ベクレル(従来の基準の80倍)を、その十分な説明も根拠の明示もないまま、広域処理の基準にも転用いたしました。
(したがって、現在、原子力発電所の事業所内から出た廃棄物は、100ベクレルを超えれば、低レベル放射性廃棄物処分場で厳格に管理されているのに、事業所の外では、8000ベクレルまで、東京都をはじめとする東日本では埋立処分されております。)

 ひとつ、お考えいただきたいのは、この8000ベクレルという水準は国際的には低レベル放射性廃棄物として、厳格に管理されているということです。

 例えばフランスやドイツでは、低レベル放射性廃棄物処分場は、国内に1カ所だけであり、しかも鉱山の跡地など、放射性セシウム等が水に溶出して外部にでないように、地下水と接触しないように、注意深く保管されています。

 また、群馬県伊勢崎市の処分場では1キロ当たり1800ベクレルという国の基準より、大幅に低い焼却灰を埋め立てていたにもかかわらず、大雨により放射性セシウムが水に溶け出し、排水基準を超えた事件がございました。

 徳島県としては、県民の安心・安全を何より重視しなければならないことから、一度、生活環境上に流出すれば、大きな影響のある放射性物質を含むがれきについて、十分な検討もなく受け入れることは難しいと考えております。

 もちろん、放射能に汚染されていない廃棄物など、安全性が確認された廃棄物まで受け入れないということではありません。安全な瓦礫については協力したいという思いはございます。

 ただ、瓦礫を処理する施設を県は保有していないため、受け入れについては、施設を有する各市町村及び県民の理解と同意が不可欠です。

 われわれとしては国に対し、上記のような事柄に対する丁寧で明確な説明を求めているところであり、県民の理解が進めば、協力できる部分は協力していきたいと考えております。」

※回答文については、提言者にお返事した際の内容を掲載しております。その後の事情変更により、現在の状況と異なる場合がありますので、詳しくは担当課までお問 い合わせください。

この件に関するお問い合わせ
環境総局環境整備課 ゴミゼロ推進室・ゴミゼロ推進担当
電話番号:088-621-2259
ファクシミリ:088-621-2846
メールアドレス:kankyouseibika@pref.tokushima.lg.jp












検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR