プロフィール

4sea

Author:4sea
元気があれば、何でもできる!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

人間を堕落させるもの・・・高級コンデジ
GWなので珍しくブログでも書いてみる。
これでも昔は週に1,2個は趣味系のブログを書いてたんですけどね。
最近じゃあ年に数個くらいになっちゃいまいしたね。

さて、人間を堕落させるものというのは数多くあるわけですが、
その一つが高級コンパクトデジカメという製品群でしょう。

私も含めて、皆わかってるんです。一眼レフとの間に大きな壁があることを。
やはりセンサーとレンズの大きさのハンデは大きい。

それでも、明るめのレンズ、コンデジにしては大きめのセンサー、RAWで保存可、そしてコンパクト。
一眼レフ無しでも大きな不満の無い写真がとりあえず撮れるし、RAWで保存しとけば後からなんとかなる。



そんなこんなで、最近は高級コンデジがメインになってしまっています。
たまに一眼レフを持ち出しても、高級コンデジでカバーできない超望遠レンズしか付けない。
標準域はコンデジ任せ、というかコンデジ中心の布陣になってしまっています。

ダメですね。完全に堕落してしまいました。

そもそもなんで高級コンデジを買ったのか・・・

少し前に、やや長めに海外に滞在する機会があって、
サっとポケットから取り出せて写りの良いカメラが必要だったという事情があった、
それが最も大きな理由です。

しかし、ポケットに収納可能で、サッと取り出せるのは良いとしても
起動が一眼レフと比べると遅過ぎるし、寄れない(被写体に近づきすぎるとAFが効かない)、逆光に弱い等、
逆に不便な点も多かったことに現地で気付きました。

ちゃっかりスーツケースに一眼レフとレンズ先2cmまで寄れるレンズを忍ばせてはいたのですが、それでも一度たりとも海外でその組み合わせを使うことは無かったです。
コンパクトさが何より重要だったということです。

ところで、選定した機種はソニーのRX-100(初代)。


主な選定理由は充電とPC接続がマイクロUSB端子だったことでした。
これは凄く便利なことで、専用の充電アダプターが不要(付属すらしていない)で、つまりアンドロイドのスマホとケーブルを共用できるわけです。
荷物が減るし、バッテリーが切れたら(1日で切れることは無いけれど)、スマホ用のモバイルバッテリーで充電もできるんですね。

あと、RX-100シリーズは廃盤にならないので値段が崩れにくいとはいえ、さすがに2012年発売となると、結構値段が下がってきてた、というのも選定理由の一つでした。

最近はカメラに特化したスマホ(ライカと共同開発とか)もチラホラ存在していて、
更に堕落しそうな予感がしています・・・。



スポンサーサイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR