プロフィール

4sea

Author:4sea
元気があれば、何でもできる!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

チェルノブイリは警告する・被曝と遺伝 週刊金曜日12/9

↑アマゾンへのリンク

ロシア連邦立小児血液・腫瘍・免疫研究センター所長 ルミャンツェフ教授

千葉県がんセンター、日本記者クラブで日本のために重要な講演を実施するも、
報道はほとんど無し。

「体内に入って影響するヨウ素やセシウムの放射線量は全体の10%未満。残りはストロンチウム等」

母親は被曝していないが、父親が原発事故処理に関わって被曝し、
事故後に生まれた子供は通常の5,6倍の染色体異常があって、
それが原因で様々な病気になる。

セシウム等の放射性物質が体内に入ると、活性酸素ができ、タンパク質や脂質を酸化する。
心臓や腎臓に機能障害が起こる場合も。
(美容や老化防止の観点からも、被曝は徹底的に防ぐべきですね)

汚染されていない土地、食事、抗酸化物質の摂取が必要。
(避難しましょう、ベクレルフリー食品に拘りましょう、良いサプリを摂りましょう)


(ならば、これがおススメ)


その他、上関原発の記事等、見所の多い号です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR