プロフィール

4sea

Author:4sea
元気があれば、何でもできる!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

フリーエリア

【TOEIC対策グッズ】 太芯シャーペン&丸細の消しゴム
TOEICはマークシート形式なわけで、
シャープペンシルだと芯が細すぎて時間的に不利と思い込んでいた私。。。。

毎度、鉛筆数本と鉛筆削りを持参して挑んでいたんだけど、
削りたての頃は芯先が細いし、段々太くなるし、
机の上でコロコロ転がるしで、どうも宜しくない。

そんな中、実はシャープペンシルには、シャープとは呼べないくらい太芯タイプがあるということを
恥ずかしながら今日知りました。
(普段はPCかボールペンしか使わないんで、最近の文房具事情に疎い・・・)

なんと、芯の太さが2mmのモノまであるという。
これは、マークシートに有利!!・・・なわけないか?
さすがにこれは鉛筆でも削って細くしたくなるレベル感(笑)

0.9mmタイプがあって、これならちょうど良い感じだ。

しかも、クルトガとかいう、先がくるくる回って、片減りしないタイプのシャープペンシルまであるという。
(これを知らなかったことが、より恥ずかしいことらしい)

クルトガの0.9mm、これだ!!
次回からこれで挑む。



で、太芯タイプって、2Bとかの柔らかい芯が入ってる事が多いらしいので
TOEIC指定のHBの替芯も必須。



一方、消しゴムも結構厄介で、
普通の消しゴムだと隣のマークまで消してしまったりする。
なので、鉛筆の反対側に付いてる消しゴム、あれがちょうど良い大きさなので、これまではそれを使ってたわけなんだけど、
シャープペンシルへの変更に伴い、トンボ(MONO)のホルダー型消しゴムを購入。
他のメーカーからもホルダー型が出てるけど、ちょっと大きいので、MONOがベストかと。


これでせめてスコアが下がらなければ良いのだが・・・

関連記事
スポンサーサイト


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR