プロフィール

4sea

Author:4sea
元気があれば、何でもできる!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空気清浄機と部屋干し衣類乾燥機のお手入れ
GW最終日ではありますが、福島県の浪江・双葉の山火事と、中国方面からの黄砂の影響で、引き続き引き篭もって空気清浄機のメンテ等をやっています。

まずは昨日から実施中の空気清浄機のお手入れ


脱臭フィルターを水で丸洗いした結果ですが、若干脂っぽい臭いがしていた2台のうち1台は気にならないレベルに。


もう一台はあまり変わらず・・・。
なので、HEPAフィルター1台分のみ次の週末までに届くよう発注することにします。


脂っぽい臭いの原因ですが、おそらくリビング(LDKタイプ)で長く使っていたことかと思います。
寝室用の機体の埃の付着が凄くて、風量が落ちやすいのでたまにローテーションしちゃってたので、臭いがマシな方は比較的LDKでの利用期間が短かったということでしょう。

また、空気清浄機の内部のお掃除も本日行ったのですが、埃の付着が凄い寝室用の機体の内部は意外に汚れてませんでした。
埃の内訳は繊維クズで、各種フィルターでほとんどキャッチできていたということかと思います。

一方、脂っぽい臭いがする機体の内部は、よく拭き取らないと落ちない茶色っぽい汚れが酷かったです。
調理中に発生した油の細かい飛沫がHEPAを通り抜けて、内部に沈着しているのかな?
炒め物等の油の飛沫が発生しそうな時は、空気清浄機をオフ、もしくは風量を最弱にしておいた方がよいかもしれません。
また今後はキッチンのある部屋で使っている機体(フィルター)はローテーションの対象外とします。
キッチン用のみ数年でHEPA交換、残りは10年を目指す(笑)。
どちらにせよ水で丸洗いできないHEPAは汚れてしまうと交換するしかありませんので、
HEPA延命のため3Mのフィルタレット(プレミアムグレード、ロールタイプ)をHEPAの手前に敷きました。



次に、部屋干し用の除湿乾燥機のメンテです。
うちはパナソニックのハイブリッド型(デシカント方式とコンプレッサー方式の併用)を2台使っています。

(↑のかなり古いモデル)

これはあまりメンテできるところが無いので、表のフィルターの埃を取るだけなのですが、
今回はこちらにも3Mのフィルタレットを敷いてみました。
もし衣類に花粉とかカビ由来の粒子とかが付着していたとき、キャッチしてくれるとイイなぁと。

ところで、3.11前はこれ1台で乾いてたのですが
2013年に1台追加しないと部屋干し臭がするようになり、
2015年頃には扇風機1台を追加しないといけなくなり、
2016年には更にもう1台扇風機を追加しないといけない羽目になりました。
いったいどういうことなのでしょうか・・・。

昔から洗濯機のサイズは変わってなく、だいたい衣類が洗濯機の適量に達してから洗濯するようにしていたので、衣類の量には差がないはずなのですが・・・。

そもそも10年くらい前は全季節エアコンのみで部屋干しでカラっと乾いてたんですけどね。

バスタオルなんて週に1度しか洗わなくても大丈夫だったくらいですが(汗)、
今は洗濯が終わるとダッシュで、風の当たり具合に注意しながら干さないといけません。
専門家じゃないので全く分かりませんが、微生物の世界で何かしらの変化が起きているのかな?とか思っています。

ちなみに、ちょっと前(冬場)に日本より気温が低くて高湿度な地域にしばらく滞在していたのですが、
そこの滞在先がかつての私のようにバスタオルとフェイスタオルを週に1回しか洗ってくれないスタイルでした。
しかし、10年前と同じく、何も問題ありませんでした。
日本より気温が低くて高湿度で、しかも夜の10時に暖房が停止するという環境だったのに。
最近の事象は日本だけに限った話なのでしょうか。
部屋の適当なところに、入浴中以外は常にバスタオルが掛かっているという
懐かしい光景に少し感動しました。

<参考>




同じHEPAフィルターが使える現役機種↓


HEPA式以外の空気清浄機


関連記事
スポンサーサイト


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。